横浜、湾岸エリア、山手エリアに住む

横浜市は長い年月をかけて、じっくり開発された街です。歴史のある町から超高層ビルが建ち並ぶ都市部まで、様々な個性をもつのが横浜の魅力でもあります。今回は、横浜の中でも人気エリア「ベイエリア」「山手エリア」の賃貸情報をお届けします。

住みやすさはどうか?

◆ベイエリア◆
「横浜みなとみらい(MM)」が中心となるエリアで、一般的に横浜駅から桜木町駅までの海沿い地域を指します。交通の便がよく、東急東横線を経由させることで、渋谷まで直接向かうことができるのがメリットの一つです。周辺には、美術館や遊園地、大型ショッピングモールなど商業施設があり、公共サービスも充実。便利でとても住みやすく、県内でこのエリアに住み替えする人も多いです。

◆山手エリア◆
横浜市の元町南側に位置する、山手町周辺を指します。最寄りは、根岸線の山手駅ではなく「根岸線 石川町駅」または「みなとみらい線 元町中華街駅」。
横浜開港後に、外国人居留地として栄えた歴史があり、町内には古い洋館が今もなお残されています。そのため都市景観100選にも選ばれ、観光スポットとしても人気が高く、高級住宅地としても有名です。静かで緑溢れる落ち着いた住宅街には学校も多く集まり、教育環境の良いエリアでもあります。

気になる家賃相場は?

みなとみらい駅の家賃相場は石川町駅や横浜駅よりもワンランク高いです。ファミリータイプの2LDKや3LDKはどこも平均20万台なのに対し、ワンルームや1LDKはみなとみらい駅は石川町駅の2倍以上の家賃相場となります。ワンルームを例にあげると、石川町は6.5万、みなとみらい駅は15.6万です。その差はなんと10万円!

10万円の格差はどこに?

石川町とみなとみらい駅のワンルームはそれぞれどう異なるのでしょう。10万円の差はどこに現れるのでしょうか?それは、それぞれの住宅環境の違いが関わっています。

◆石川町駅◆
駅から少し離れると、2〜3階建ての低層アパートが多くなります。築浅物件ならば、オートロック設備も付いてセキュリティーも強化されており、外観もおしゃれで女性にも喜ばれそうです。静かで落ち着いた生活を送りたい人に向いています。

◆みなとみらい駅◆
駅近物件は、10〜30階建ての高層マンションが建ち並びます。広さも4、50平米とワンルームとしてはかなり大きなものばかりです。内装も洗練されており、まるで高級分譲マンションのような物件まであります。アクセスの良さと、セレブなプライベートを求める人に向いています。

▲ ページトップへ